コンシーラーで青ヒゲを目立たなくする! – アルカナさん(32歳)の青ヒゲ対策

スポンサーリンク



アルカナさん(32歳)
自分がこれまでに最も効果的だと感じた青ヒゲ対策は口紅とコンシーラーを使用する方法です。

私が行っているやり方は簡単で、毎朝ヒゲを剃った後に出てくる青ヒゲの部分に口紅、コンシーラーの順に塗った後に最後にファンデーションで仕上げるだけです。

このやり方はいつも通っている美容院のスタイリストさんに教えてもらいました。

昔からヒゲが濃いだけでなく青ヒゲで悩んでいると相談した時に「クリニックで脱毛する人も増えてきているけど、この方法なら費用も掛からないし手軽にできますよ」と教えてもらいました。

これまで試した中で、一番効果のあった青ヒゲの対策を教えてください。

昔と違って今は男の人でもファンデーションで肌を綺麗に見せる人も増えてきていることで、パッと見で青ヒゲを隠しているとは思われないですとアドバイスを受けて実践するようになりました。

私が行っている対策は、色の組み合わせによって起こる作用を利用している物です。

色の上に別の色を被せることによって元の青ヒゲの色を目立たなくさせることができます。

ファンデーションの持続効果は人によって異なりますが、夏場のような日中に大量に汗をかくようなことがなければ1日効果が持続するので心配はいりません。

中にはファンデーションで肌荒れをしないかと考える人もいますが、自宅でしっかりとメイク落としの洗顔を行えば問題ありません。

また、髭の伸びが早くて朝剃ったのに夕方には生え始めているといった人でも、ファンデーションの効果で生え始めの毛穴のブツブツを目立たなくする効果も得られます。

その青ヒゲ対策を行う上で、注意すべきことは何ですか?

この方法を実践する時は、事前に自分の青ヒゲの度合いを確認してそれに合わせて選ぶ口紅やコンシーラーの色を選択することが大切になります。

一口に青ひげと言っても濃い人もいれば比較的薄い人などそれぞれです。

濃い目の青ヒゲの人は赤の口紅を、薄めの人はピンク系の口紅を選ぶと自然な感じに仕上げられます。

仕上げのファンデーションも顔の肌の色に合わせた物を使用しないと、口の周りだけ色が違って不自然に見えてしまうので注意が必要です。

ご紹介いただいた方法は、どんな人におすすめですか?

私のやり方は、仕事などで忙しくてクリニックに通院することができない人や数万円の費用を出すことができない学生さんにおすすめです。

対策に必要になる口紅やファンデーションなどは消耗品ですが、ドラッグストアーで安く購入できて一度買ってしまえばしばらくは使い続けることができるので経済的にも負担になりません。

肌荒れ防止のために夜にはファンデーションを落とさないといけませんが、女性の毎日のメイクと同様にヒゲを剃るのとセットで行うと考えればわずらわしさも感じることもないです。

スポンサーリンク