クリニックでのレーザー脱毛で毛根をなくす – やなぎさん(35歳)の青ヒゲ対策

スポンサーリンク



やなぎさん(35歳)
もっとも効果のあった脱毛方法は医療機関のクリニックで受けた光レーザー脱毛です。

ヒゲ脱毛には毛根に光レーザーを照射して破壊するレーザー脱毛や、毛根に一本一本ニードル針を刺して破壊していくニードル脱毛などがあります。

ピンポイントでヒゲが生えている場合や、ヒゲの一部を残す希望などがある場合は針脱毛も有効なのかもしれませんが、広範囲に密集して生えているヒゲを脱毛したい場合はレーザー脱毛が効果的です。

これまで試した中で、一番効果のあった青ヒゲの対策を教えてください。

レーザー脱毛もエステサロンでの脱毛と医療機関のクリニックで受ける脱毛があります。

費用はクリニックに比べサロンの方が安いと言われています。

しかし、医療認定を受けているクリニックでは脱毛に使う機械も出力の高いものが使われており、施述も必ず医師か看護師が行うことになっています。

自分の顔周りという大事な部分の施述ということを考えれば、より確実なクリニックでの施述がおすすめです。

青ヒゲ対策をヒゲ剃りやシェイバーでのデイリーケアで行っている人も多いとおもいます。

しかし、髭剃りでの処理では毛根がなくなっているわけではないので、時間が経てばヒゲが伸びて青ヒゲになってしまいます。

ヒゲは一日の間ずっと伸び続けているので、スピードの速い人の場合、朝ヒゲ処理をしたはずなのに夕方になると青ヒゲの状態に戻っていることもあります。

そうなると一回の処理だけでは間に合わないのですが、職場や公共の場でヒゲを剃ることができる場所はほとんどありません。

トイレの洗面所などにわざわざヒゲ剃り禁止と書かれているところもあるぐらいです。

一度脱毛をしてしまえばヒゲが伸びてくること自体がなくなるわけですから、ある程度費用の投資が必要とはいえ、長い目で見れば十分にメリットのある選択だと言えるのではないでしょうか。

その青ヒゲ対策を行う上で、注意すべきことは何ですか?

レーザー脱毛は光レーザーを黒い毛根に照射することで毛根が反応することを利用して行います。

クリニックに行くと必ず説明されることですが、肌が日焼けで黒くなってしまうと毛根がうまく反応しなくなってしまったり、肌が反応してやけど状態になってしまうこともあるので、施述を受けている期間は日焼けは禁物です。

それから、個人差があるとは思いますが、レーザー脱毛はある程度痛みを伴う施術にはなります。

少しずつレーザーの出力を上げていく場合が多いので、初回に比べて2〜3回目の方が痛く感じる場合もあります。

ご紹介いただいた方法は、どんな人におすすめですか?

広範囲に濃いヒゲが生えている方やヒゲの伸びのスピードの速い方に特におすすめです。

個人差はありますがヒゲが苦手な女性も多いので、生えていなくてすっきりした印象になることは女性にモテたい方に大きなアドバンテージになると思います。

また、常にヒゲの生えていないルックスを保つことができることは、仕事などの普段の対人関係でも有利に働くことでしょう。

スポンサーリンク