日焼けと5枚刃のカミソリで – Nobby(43歳)の青ヒゲ対策体験談!

スポンサーリンク



Nobby(43歳)
個人的にもっとも効果を感じた青ヒゲ対策は「ジレット社のT字カミソリ」&「日焼け」の二刀流です。

まずジレット社のカミソリは本当に良く剃れます。

5枚歯で、かつ歯の回りに滑りやすくするスムーザーがついているので肌を傷つけてしまうということがありません。

日本でカミソリといえばジレット社とS社のものが有名だと思うのですが、両方を比較してみて断然ジレット社の方が深剃りかつ、肌を痛めずに剃ることができます。

これでヒゲを剃るだけで、剃った直後は青ヒゲなどほとんどありません。

そして日焼けです。

肌が白いから青く見えるのであって、肌を黒くしてしまえば青ヒゲは目立ちません。

しかも肌が黒い方が女性にモテます(これほんと)。

これまで試した中で、一番効果のあった青ヒゲの対策を教えてください。

ヒゲに限らず、胸、手足と濃い体毛に悩んでいました。

ヒゲについては夕方くらいになるとかなり生えてくるので、チクチクするので子供もほっぺたをくっつけようとすると嫌がります。

まずT字のカミソリで毎日、朝晩2回ほどヒゲを剃っても、1つのカミソリで1カ月以上は持ちます。

ジレット社のカミソリは5個入りで2000円くらいですから、1年間でかかっても4000円ほどです。

これは定期的にレーザー脱毛などに行くよりもはるかにお得です。

さらに日焼けですが、サロンで1回3000円程度でかなり黒く焼くことができます。

青ヒゲ対策ということですので、顔だけ適度に焼けていれば良いという方は、春~秋にかけては屋外で、自然の中で焼くこともできます。

そうすればタダで精かんなフェイスを手に入れることができます。

その青ヒゲ対策を行う上で、注意すべきことは何ですか?

あまりT字のカミソリで1日に何回もヒゲを剃ると、さすがに肌が荒れてくることもあります。

その場合には保湿ローション等で潤してあげてください。

またヒゲを剃る時も、私は何もつけずに水だけで剃ってしまいますが、肌が弱い方はシェービングフォームや、石けんなどをつけてから剃ると良いでしょう。

また日焼けですが、あまり紫外線に当たりすぎるとシミになったり、将来ガンのもとになりますから、できればサロンで安全に焼く方が良いでしょう。

ご紹介いただいた方法は、どんな人におすすめですか?

この方法はどんな人にでも効果的ですが、スベスベお肌で、さらに日焼けをしているとモテます。

モテると日々の生活に潤いがでてきて、仕事などにもやりがいを感じるようになります。

ですから、今までモテたことがないという方にも、ぜひ試してもらいたいです。

スポンサーリンク