家庭用脱毛機で自宅ケア- K,T(45歳)さんの青ヒゲ対策体験談

スポンサーリンク



K,T(45歳)
私が行った中で、最も青ヒゲ対策効果があったのは家庭用脱毛機ケノンによるヒゲ脱毛です。
家庭用脱毛器ケノンは脱毛サロンで使用されてる光脱毛を家庭で使えるという便利なもので、その分値段は他家庭用脱毛器よりも高めです。

キャンペーン等で購入金額に差はありますが、私の購入時で7万円ほどしました。

ただ、私の場合キャンペーンでヒゲ脱毛カートリッジが無料で付いてきており、このいヒゲ脱毛用カートリッジを使って脱毛をしてます。

脱毛時に気をつけるのは脱毛箇所を冷やし、専用ジェルを塗布してからケノンを使用することです。

こうすると痛みを緩和出来ますし、術後の肌トラブルも回避できます。

その場でヒゲは抜け落ちませんが数日掛けてヒゲは抜けて青ヒゲのないスッキリお肌になります。

これまで試した中で、一番効果のあった青ヒゲの対策を教えてください。

青ヒゲと原因となるのいは、皮膚の下に埋まってるヒゲが原因です。

肌が黒い人は皮膚下のヒゲは目立ちにくいですが、肌の白い方だととても目立ちます。

ヒゲが濃い薄いだけでなく、肌の白さも青ヒゲに関係してきますし、剃ることで青ヒゲ対策にはなりにくいです。

その点私のしてるケノンによる青ヒゲ対策だと、ヒゲは毛根から抜け落ちるので皮膚下にヒゲは残りません。
これなら肌の白い人でも大丈夫です。

まだ一度抜けてしまうと、再び生えてくるまで一定期間かかります。

ヒゲによって再生速度にズレはありますが、早くても2週間、長くて3週間ぐらいは青ヒゲに悩まされずにすみます。

ケノンによる脱毛を継続することでヒゲ自体薄くなってくるので、青ヒゲは目立たなくなりますし毛穴が引き締まって肌がキレイに見えるという効果も期待できます。

その青ヒゲ対策を行う上で、注意すべきことは何ですか?

ケノンを使う上で注意したいのは、痛み対策と肌トラブル対策です。

ケノンの光脱毛は光ですので、黒色に強く反応します。

つまり毛が細くて薄いと痛みは薄く、太くて濃いと痛みは増します。

残念ながら男性のヒゲは体毛中で一番太くて濃い毛ですし、その痛みたるや体の中でも一番といっても過言ではありません。

しかもヒゲの生えてる顔、特に鼻の下は痛みに敏感ですし痛み緩和を相当意識しないとケノンによる脱毛は無理です。

またそれだけ肌に強い負担を強いるため、脱毛後に肌が炎症したりもします。

私は脱毛箇所を冷やしたり専用ジェルを塗って痛みと肌トラブル対策に注意してます。

ご紹介いただいた方法は、どんな人におすすめですか?

ヒゲをいくら剃っても青ヒゲになってしまうという方にお勧めです。

特にヒゲを剃る場合、何度もカミソリを往復させると肌を痛めてしまいます。

しかも毎日のことなので、肌の痛め方は半端じゃなりません。
ヒゲを剃るたびに出血してるって人も少なくはないでしょう。

その点ケノンによる脱毛なら、毛自体少なくなったり生えてこなくなったりしてるのでヒゲ剃りは楽ですし、カミソリによる剃毛だとイマイチ、こう感じてる人に是非お勧めです。

スポンサーリンク